わおわおにゃんこのドラーナさん


ホームレスキャット歴をもつおしゃべりにゃんこの日記。
by dorahna
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

保護後、初の健康診断

野良猫だったドラーナを保護するまでの経緯は
こちら


ドラーナ(保護当時「抱っこ猫」)を保護して2日目、
さっそく健康診断に連れて行きました




まずは、動物病院の選択に時間をかけました・・・

私はモルモットを飼っていた経験から、
動物病院選びにはちょっぴりウルサいタイプなんです
(;´▽`A``

モルモットをきちんと診ていただける病院ってとっても少ないんですよ
うさぎとも違うしかなり特殊なのです・・・

エキゾチックにある程度は対応してくれるところを見つけるだけでも結構大変。

重病になってしまったら、そういう病院でも対応できないケースが多々あるのです

(たとえばモルモットに対する安全性が確認されている抗生剤は3種類だけ※ですが、普通の動物病院では犬猫に使う抗生剤を処方しちゃうことが多いのです)
※私が最後のモルモットを看取った2007年の時点です


結局、試行錯誤の挙げ句、豪徳寺にある専門病院
「鳥と小動物の病院 リトル・バード」に通ってましたよ

本当に信頼できる、素晴らしい病院でした・・・


そんな経験から、一般的な猫とはいえ、病院選びには慎重なのです


検討材料は以下のとおり:

◎自宅からの利便性(近いに越したことないですよね)
◎信頼度(評判や実績)
◎診療姿勢、特にインフォームドコンセンサスに対する考え方
◎受付の対応(これが結構重要だったりします)
◎施設の清潔感


さらに、ここは検討材料が複雑なのですが
◎料金


私の自宅は都心エリアでビルの家賃も高いため、
動物病院が比較的高めになるのは、ある程度は仕方ないところ。
また、高度医療に対応しているかどうかなど、設備や専門性によっても料金は変わりますよね。

・・・問題は、ビジョンというか。

結局決めたのは、
自宅から徒歩で行けるし
地下鉄でもすぐところ

事前の電話での対応がすばらしく、
いろいろと丁寧にアドバイスをしてくれて
ちょっと感激してしまうくらいでした

・・・ドラーナの保護を考えていた頃から
実は何度か、連れて行き方などを相談していたのです・・・

後から知ったのですが、ここはとても評判がよい病院でした

・・・さもありなん・・・

主観ですが、ビックリするほどお安くもないけど、
だからといって高くもなく
場所柄良心的だと感じてます

「地域猫」や「外猫」に対しては格別に力を入れているわけではないようですが、
すべての料金を20%オフにしてくれるそうです

・・・ただし、ドラーナのようにすでに保護して飼うことにして、
それで連れて行った場合は適用されません・・・
(;^ω^A





・・・というわけで、保護してから二日目、第一回の健康診断に連れて行きました


結果です:


◎体重:4kg
◎便検査:この時点では保護したてでまだ一粒もうん☆をしておらず、採取しても十分な量がとれなかったので、後日再検査が決定
◎心音肺音OK
◎耳ダニ無し:「頭をふっている」ことを伝えると、耳あかがもの凄いのでそのせいではないかとのこと
◎爪切り:後ろ足の爪がひとつ喪失・・・先生が「厳しい暮らしを乗り越えて来たんだねぇ」ってドラーナの頭をなでてくれたとき、胸が切なくなりました(;_;)
◎腎臓のバランスOK

・・・そして・・・

◎口内炎/歯周病がかなりひどく、歯が一部紛失している
口内の炎症がとても進んでいる
膿みも最悪のところまでは進行していないものの、かなりある
かなり痛いはずで、食欲も落ちていると思うので、抜歯手術をお勧めする


とのこと!Σ(×_×;)

人間もそうですが
小動物の口腔内の健康は
全身の健康状態に大きな影響が出てしまうので
予防がかなわなかった場合は
もう「除去」するしかないですね・・・



- 猫の場合、抜歯をしても精神的に凹むことがあまりない
- 経験の豊富な病院である
- 飼い主側に麻酔や抜歯手術に対する抵抗がない
- それよりもドラーナの生活の質や健康状態への影響が心配



というわけで、さくっと手術を決め、
最短の10日後に予約

痛みと炎症を抑えるため、
ステロイドと抗生剤の注射を打ち、
手術まで毎日抗生剤を投与することになりました


ちなみに


◎血液検査は、身体への負担とストレスを考えると、手術の事前検査と一緒にしてしまうのがお勧め


ということで、先送りになりました



参考までに、診療費の明細です:


- 初来院初診料:1570円
- 爪切り:840円
- 皮下注射(ステロイド/抗生剤):2100円
- 初薬剤処方料:520円
-内服薬:抗生剤 105円(1日分)
- 内服薬:抗生剤:210円(8日分)
合計:6,815円


注射や抗生剤があったのでこの料金ですが
そうでなかったらとても良心的ではないかと思いましたよ・・・


白血病やエイズの検査も先送りになり、
手術が決まり、
何となく落ち着かない初の健康診断でしたが・・・

初健康診断後のドラーナです
d0166355_015076.jpg


・・・少しでも痛みが緩和されればと
両側のほっぺを優しくマッサージしてみました
・・すると、左側が明らかに腫れてました・・・
きっとすごく痛かったんだろうね・・・(TωT)


診察中は、
極度に緊張するでもなく
どこでも触らせてくれるので

「とてもとても良い仔ですね〜」と褒められましたよ

(^ ∀ ^)

→(2)手術前の受診へ
[PR]
by dorahna | 2010-06-02 00:19 | 動物病院受診記録

猫のドラーナと飼い主について

野良猫母さんから生まれ、飼い猫として過ごした後ホームレスになり公園猫として色々な人たちに可愛がられたのち、2010年5月、8歳で猫ビギナー夫婦(りあな/プギえもん)に引き取られる。公園ネコ時代はこの2人から「抱っこ猫」と呼ばれていた。
飼い主夫婦は謎のフリーランサーズ。あちこちでウロウロ活動中。

最新の記事

魅せ顔でごあいさつ
at 2010-08-13 22:25
おすましさん→
at 2010-08-09 23:51
クール系ニャンドルおさしん(..
at 2010-07-13 21:40
保護時の健康問題、これにて一..
at 2010-07-10 01:03
抜歯手術と血液検査
at 2010-07-09 00:30

検索

最新のトラックバック

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧