わおわおにゃんこのドラーナさん


ホームレスキャット歴をもつおしゃべりにゃんこの日記。
by dorahna
プロフィールを見る
画像一覧

レム睡眠中(動画)

ドラーナのレム睡眠。

再生するとすぐの数秒に注目・・・
半目のまま目を動かし、お口をむにゃむにゃ


微妙なので、かなりわかりにくいんですけど(;´▽`A``




どんな夢をみていたのかな( ´艸`)
[PR]
by dorahna | 2010-06-18 23:55 | ぬこ生態日記

ノラ猫時代から保護まで(3):年末の寒い日に再び抱っこ

(1)はじめての出会い
(2)命名「抱っこ猫」


2009年の11月にはじめて抱っこして以来、
あの人懐っこい公園ネコさんを
「抱っこ猫」と呼ぶようになったわたしたち。

はじめての抱っこをした時間は夕方の16時〜17時くらい

このときはたまたま打ち合わせの帰りに通りがかったけど、
普段はたいてい籠ってる時間です

なので遭遇の可能性はとても低いのだけど、
公園を通りがかるたびにあのベンチに目をやり、
「また座ってるかな?」と気にするようになってました

たまたまいて、さらにたまたま自分にも少し時間があるときは、

まず家に帰って抱っこしても大丈夫な防寒バッチリのコートに着替えて
お茶をたずさえてから
公園に戻り

しばらく抱っこ。


・・・そういうチャンスがあったのは
はじめての抱っこから年末までの一ヶ月半ほどで
ほんの3回くらいでしたが・・・


そのたび、抱っこの時間が長くなり
(なかなか下ろさせてくれなくなり)

遠くからでも私たちを見ると「にゃーにゃー」近づいてくるようになり

もしくは通りがかっただけで、
茂みから「にゃーにゃー」出てくるようになったり


・・・「抱っこ猫」の親密度は増すばかり・・・



その間、わかったことがいくつかありました

-ノラさんである
-公園の向かい側の奥さんがご飯をあげてる
-人懐っこくて色んな人に抱っこされてる
-子どもが凄く苦手。他の猫さんたちより苦手度が強い
-犬は平気
-かなり慎重派
-他の猫に対しては割と強気



「やっぱり『ノラ』だったのか・・・」

ショックでした


外飼いされてる飼い猫さんだったらいいな、と思ってたから・・・


・・・だって、こんなにこんなに人懐っこいのに・・・

あたたかい居場所がどこかにあって、
たまーにいろんな人に愛想を振りまいてる
そんなことを、期待してたのに・・・



ノラさんだと聞いてからは、

「今日も誰かにたくさん抱っこしてもらったのかな」
「寒くないかな」
と、
気になってしまうことが多くなってきました


・・・その一方で、できる限り気にしないようにつとめました

最終的に責任をもてないのに半端に情をかけるのは
愛ではなく執着である
、と感じてるためです




また

このエリアでは「地域猫活動が盛んで成功している」と信じていた、

ということもありました

引っ越して来た10年前から、
近所のお店の奥さんなどから
たびたびこういう話を聞いていたためです

実際、このあたりで見かける猫たちは
どの仔もたいてい丸々としていて、健康そう


「きっと、『抱っこ猫』にとっても、
地域猫として色んな人に可愛がられることが幸せなんだ」
と、
思い込もうとしてました


ところで
はじめての出会いのときに
「お!猫写真か、めずらしいね」と声をかけてくれ、
その後べつの日に抱っこ中、
再び通りがかって話しかけてくれた
近所の「ご隠居紳士」さんがいるのですが


その方によると、「地域猫活動」は、どうも、
必ずしも近所全体が納得した上での活動ではなさそうです

この「ご隠居紳士」さんは愛護精神は持ち合わせているものの、
「トラブル」の存在については問題視していたようです


・・・やっぱり地域猫活動は、むずかしいよね・・・そうだろうなぁ・・・


この頃あたりから、
見てみないふりをしてきた「地域猫の問題」について
自分自身に関わりのあることとしてウォッチするようになってきました


・・・同時に、それまで気にしていなかった・・・というより・・・
あえて気にしないように努めていた
ノラさんたちの(生命の/生活の質の)リスクについて

考えるようになってきました



ノラ猫と「仲良し」になるのって、かなり微妙な行為

どこでどう「線」を引くのか、という問題があります

もともと日本の在来種ではない「イエネコ」は、
人との関わりの中でしか生きていけません
しかも、その関わりには、大きな責任が伴いますよね





・・・ほんのほんのちょっぴりの「思索」だったけど

思えばこの意識の変化が
今ドラーナと暮らす礎になってたんだなぁ・・・

今はそう思います




・・・話を戻しますが



それにしても、寒い季節にベンチで1時間過ごすというのは、
かなーーり厳しいものですよね


そんな寒い季節こそ、「抱っこ猫」にとっては抱っこが恋しいはずだけど・・・

いったいどれほどの人が抱っこしてくれるんだろうか・・・



暮れも押し迫った29日、

夜、プギえもんと二人で公園を通りがかると
「抱っこ猫」がベンチに座ってるのが見えました




「あ、いる!」と声をだしたら

「にゃー」と言いながら、こっちに近づいてきました



・・・「抱っこしにくるからね」と声をかけて
防寒用コートを取りに戻り
また戻ってみると

そのままの位置で、
まだ三つ指ついて待ってました


ベンチの方に歩いていくと
「にゃーにゃー」言いながらついてきて

座った途端

「とーぜん」のように速攻で膝の上



プギえもんの膝の上で頭をぐいぐい押しつけてる「抱っこ猫」
d0166355_1142441.jpg




30分くらいプギえもんが抱っこして、寒さのあまりギブアップ

今度はわたしが抱っこして、さらに1時間くらいいました


そのうち別の公園ネコさんたちも集まってきました


・・・「ごはんを誰かがあげに来るのかな」
・・・「これだけ友だちがいれば、きっと楽しいね?」
・・・「寒くってもいろいろあっても、大丈夫だよね?」

d0166355_12274623.jpg



年末にかけて、
私たちは業務が非常に多忙になってしまい、
睡眠時間もろくろく取れないような状況が続いてました

・・・そんな中、こんな時間はとても心なごむものであり
同時に、中途半端で身勝手な情のような気もしました

わたしとプギえもんは、
「自分たちには最終責任は取れないし
できることがほとんどないのだから、
できる限り思い入れないようにしよう」

と話しました


d0166355_1144223.jpg


そうして2009年はおわり、
2010年に突入していったのでした・・・


→NEXT:(4)「春になって再会」


動物・ペット
[PR]
by dorahna | 2010-06-18 12:24 | ノラ猫時代から保護までの経緯

ドラーナのトイレタイム(動画)

ドラーナのトイレグッズについてはこの記事に書きましたが


今日は、ドラーナのトイレの様子を録画した動画のご紹介です
(●´ω`●)ゞ





私はmacを使ってて、
ブログに掲載するための写真の整理にはiPhotoを駆使してますが
iMovieについては長らく未経験

今回はじめて使ってみたけど
すごく簡単に動画の編集ができて、ちょっと感動しちゃいました
o(〃^▽^〃)o

・・・でも、「共有」機能によるyoutubeアップロードがまったくうまくいかなくて・・・
(TωT)

何日経ってもぜんぜん公開されないので
痺れを切らし、
フツーに書き出して、Youtubeのアップローダーを使いました・・・

うーむ、なんだかな。

それ以外は超気にいってます!

ドラーナと暮らし始めて一ヶ月余、
これからは動画もたくさん撮りたいと思います


ちなみに、今のところの動画の使用機材は

Nikon デジタル一眼レフカメラ D300S

一応NikonのAPSCサイズのフラッグシップ機なので
AF性能をはじめとする機能は◎なのですが
重くってね・・・

静止画のときさえ液晶撮影の取り回しに苦労するのに、
動画でMFときたら、
とてもじゃないけど使い勝手が良いとは言えません

一度一眼レフの動画機能を使っちゃうと
画面の美しさに虜になっちゃいそう・・・


でもでも

操作がすごくヘタで、
しかもピントが合ってなくて、
見苦しくてゴメンナサイ!!!



上達せねばー・・・

・・・というか、

ちっちゃくて軽くて動画でもAMが効くミラーレス一眼が欲しくなってきましたな・・・


(;^ω^A



動物・ペット
[PR]
by dorahna | 2010-06-14 01:25 | ぬこ生態日記

ドラーナのトイレ

猫ってトイレの世話が楽ですね〜〜

わたしが飼っていた草食動物モルモットの場合・・・

おしっぴょは何とかトレーニング可能ですが・・・

うん☆はほぼ無意識に出してます
(だからこそ腸内環境を最適にできるわけなのです)

基本的には「しつけ」はあきらめた方が無難。

なので、お掃除がかなーーーり大変だったんですね〜



犬の場合も、
散歩中の処理など
けっこう大変ですよね〜〜


なのに、ネコさんの楽さったら!!!
(*^o^*)



「猫は尿の臭いが〜」とかよく聞いてたのでビクビクしてたけど、
なんかまったく問題ない印象ですー


というわけで、初心者の私でも、
トイレについて何ら問題を経験することなく
快適にゃんこライフを送ってますが〜


※ドラーナのトイレタイムの様子の動画はこちら
http://dorahna.exblog.jp/11316018/

トイレ関係の「成功ポイント」についてはそれなりに研究したので、
成果(?)をまとめてみます〜:


◎トイレ砂を最初はケチらない

砂漠出身のネコさんは「砂」のあるところで用を足すので、
砂の存在感がたっぷりあればまず大丈夫とか。
最初は10cm以上の厚さでたっぷり入れておきます。
慣れたら少量でも結構大丈夫みたいですよね。

◎いつもできるだけ清潔に
したのに気づいたら、できるだけ速攻でおそうじ。
ネコさんはキレイ好き(自分の痕跡を集中して残さない)なので、汚れていると別の場所でしちゃいます。
留守がちで頻繁にお掃除できないときは、砂をたっぷーーり入れておくか、二個用意しておくことも◎

◎一匹ずつ専用を
多頭飼いの場合は、「頭数+1」が成功の秘訣だそうですね

◎置き場所は、静かだけど見守れる場所に
飼い主の快適さを損なわない場所で、
静かで落ち着いてできるけど、
健康管理のためには「しているところ」をそぉっと見守れる場所に置いた方が良いようです。

そのほかの注意点としては

猫は理由なく「そそう」をしないことを念頭においておくこと
まずは健康状態(排泄時に痛みがあると「このトイレ(場所)が悪い」と勘違いして色々な場所ですることがあるとか)
そしてトイレの置き場所、清潔度、他の猫とのトイレを巡る力関係。
これらの考えられる原因を一つずつつぶしていけば、解決できるそうな〜

ふむふむなるほどー


さて、我が家のトイレ容器ですが・・・

ネットで体験者や先輩方の声などを研究した挙げ句、
ごくごく小さくシンプルなものを選択

d0166355_144211.jpg

大きさがわかるよう、ティッシュの箱を置いてみました。笑

動物病院などの専門機関ではただの「小型洗い桶」を使ってたりするようですよね。


★楽天で同じタイプを検索した結果は
こちら
(アフィリエイト収入は人猫対策会議やシェルターに寄付し、別途報告します)★



猫砂チョイスのポイントもまとめてみると・・・

◎飛び散りが少ないこと

◎臭いが完全に消臭されず、色もある程度わかるなど、健康管理が可能なこと

◎リーズナブルなこと

◎トイレに流せたり燃えるゴミで出せたりするなど、処理が簡単なこと


元親さんから「おしっこの臭いが猫はキツいわよ」と教えてもらっていたので、ウッディ系の消臭効果の高いものを数種類チョイス

d0166355_153293.jpg

四万十檜の猫砂。
安くはないけどフィトンチッド効果が抜群!
飛び散りもそこそこ我慢できる程度。

★楽天で四万十檜の猫砂を検索した結果は
こちら



しかしながら
健康管理とお財布、
そして飛び散りの改善を考慮し・・・

紙砂をメインにすることに。

d0166355_15640100.jpg

スーパーやホームセンターにもある「ペットキレイ」

なにしろリーズナブルだし、飛び散りが少ないし、☆☆☆☆☆

★楽天でペットキレイを検索した結果は
こちら




うちでは2010年6月現在、

四万十檜の猫砂
を、こんな風に
d0166355_21516.jpg

下層に敷いてから


ペットキレイ
を上層に敷いてます

d0166355_222511.jpg



全体の厚みはこんな感じ
d0166355_232045.jpg


朝から夜まで留守にするときは、この倍くらいの厚さに敷いておきます


ドラーナさんは、用を足したらトイレから降りて、外から前足を使って「おかたづけ」をします。

なので、この方式だと

- 足裏にくっつく砂は飛び散りにくい紙砂がメイン
- おしっこの色などがわかりやすい
- おかたづけのときに下層の檜砂がかぶさり、消臭効果が高い

・・・ま、一日の中で何度か使ううちに紙も檜も混ざっちゃいますが・・・

それでも檜オンリーよりは飛び散りが少ないし、
全体的に扱いやすい気がしますよ(^ ∀ ^)

トイレ掃除のときにフィトンチッド効果を味わえますし
・・・これがなかなかバカにできません・・・( ´艸`)


しばらくこれで試してみるつもりです!
[PR]
by dorahna | 2010-06-05 02:18 | 世話とグッズ

保護後、初の健康診断

野良猫だったドラーナを保護するまでの経緯は
こちら


ドラーナ(保護当時「抱っこ猫」)を保護して2日目、
さっそく健康診断に連れて行きました




まずは、動物病院の選択に時間をかけました・・・

私はモルモットを飼っていた経験から、
動物病院選びにはちょっぴりウルサいタイプなんです
(;´▽`A``

モルモットをきちんと診ていただける病院ってとっても少ないんですよ
うさぎとも違うしかなり特殊なのです・・・

エキゾチックにある程度は対応してくれるところを見つけるだけでも結構大変。

重病になってしまったら、そういう病院でも対応できないケースが多々あるのです

(たとえばモルモットに対する安全性が確認されている抗生剤は3種類だけ※ですが、普通の動物病院では犬猫に使う抗生剤を処方しちゃうことが多いのです)
※私が最後のモルモットを看取った2007年の時点です


結局、試行錯誤の挙げ句、豪徳寺にある専門病院
「鳥と小動物の病院 リトル・バード」に通ってましたよ

本当に信頼できる、素晴らしい病院でした・・・


そんな経験から、一般的な猫とはいえ、病院選びには慎重なのです


検討材料は以下のとおり:

◎自宅からの利便性(近いに越したことないですよね)
◎信頼度(評判や実績)
◎診療姿勢、特にインフォームドコンセンサスに対する考え方
◎受付の対応(これが結構重要だったりします)
◎施設の清潔感


さらに、ここは検討材料が複雑なのですが
◎料金


私の自宅は都心エリアでビルの家賃も高いため、
動物病院が比較的高めになるのは、ある程度は仕方ないところ。
また、高度医療に対応しているかどうかなど、設備や専門性によっても料金は変わりますよね。

・・・問題は、ビジョンというか。

結局決めたのは、
自宅から徒歩で行けるし
地下鉄でもすぐところ

事前の電話での対応がすばらしく、
いろいろと丁寧にアドバイスをしてくれて
ちょっと感激してしまうくらいでした

・・・ドラーナの保護を考えていた頃から
実は何度か、連れて行き方などを相談していたのです・・・

後から知ったのですが、ここはとても評判がよい病院でした

・・・さもありなん・・・

主観ですが、ビックリするほどお安くもないけど、
だからといって高くもなく
場所柄良心的だと感じてます

「地域猫」や「外猫」に対しては格別に力を入れているわけではないようですが、
すべての料金を20%オフにしてくれるそうです

・・・ただし、ドラーナのようにすでに保護して飼うことにして、
それで連れて行った場合は適用されません・・・
(;^ω^A





・・・というわけで、保護してから二日目、第一回の健康診断に連れて行きました


結果です:


◎体重:4kg
◎便検査:この時点では保護したてでまだ一粒もうん☆をしておらず、採取しても十分な量がとれなかったので、後日再検査が決定
◎心音肺音OK
◎耳ダニ無し:「頭をふっている」ことを伝えると、耳あかがもの凄いのでそのせいではないかとのこと
◎爪切り:後ろ足の爪がひとつ喪失・・・先生が「厳しい暮らしを乗り越えて来たんだねぇ」ってドラーナの頭をなでてくれたとき、胸が切なくなりました(;_;)
◎腎臓のバランスOK

・・・そして・・・

◎口内炎/歯周病がかなりひどく、歯が一部紛失している
口内の炎症がとても進んでいる
膿みも最悪のところまでは進行していないものの、かなりある
かなり痛いはずで、食欲も落ちていると思うので、抜歯手術をお勧めする


とのこと!Σ(×_×;)

人間もそうですが
小動物の口腔内の健康は
全身の健康状態に大きな影響が出てしまうので
予防がかなわなかった場合は
もう「除去」するしかないですね・・・



- 猫の場合、抜歯をしても精神的に凹むことがあまりない
- 経験の豊富な病院である
- 飼い主側に麻酔や抜歯手術に対する抵抗がない
- それよりもドラーナの生活の質や健康状態への影響が心配



というわけで、さくっと手術を決め、
最短の10日後に予約

痛みと炎症を抑えるため、
ステロイドと抗生剤の注射を打ち、
手術まで毎日抗生剤を投与することになりました


ちなみに


◎血液検査は、身体への負担とストレスを考えると、手術の事前検査と一緒にしてしまうのがお勧め


ということで、先送りになりました



参考までに、診療費の明細です:


- 初来院初診料:1570円
- 爪切り:840円
- 皮下注射(ステロイド/抗生剤):2100円
- 初薬剤処方料:520円
-内服薬:抗生剤 105円(1日分)
- 内服薬:抗生剤:210円(8日分)
合計:6,815円


注射や抗生剤があったのでこの料金ですが
そうでなかったらとても良心的ではないかと思いましたよ・・・


白血病やエイズの検査も先送りになり、
手術が決まり、
何となく落ち着かない初の健康診断でしたが・・・

初健康診断後のドラーナです
d0166355_015076.jpg


・・・少しでも痛みが緩和されればと
両側のほっぺを優しくマッサージしてみました
・・すると、左側が明らかに腫れてました・・・
きっとすごく痛かったんだろうね・・・(TωT)


診察中は、
極度に緊張するでもなく
どこでも触らせてくれるので

「とてもとても良い仔ですね〜」と褒められましたよ

(^ ∀ ^)

→(2)手術前の受診へ
[PR]
by dorahna | 2010-06-02 00:19 | 動物病院受診記録

猫のドラーナと飼い主について

野良猫母さんから生まれ、飼い猫として過ごした後ホームレスになり公園猫として色々な人たちに可愛がられたのち、2010年5月、8歳で猫ビギナー夫婦(りあな/プギえもん)に引き取られる。公園ネコ時代はこの2人から「抱っこ猫」と呼ばれていた。
飼い主夫婦は謎のフリーランサーズ。あちこちでウロウロ活動中。

最新の記事

魅せ顔でごあいさつ
at 2010-08-13 22:25
おすましさん→
at 2010-08-09 23:51
クール系ニャンドルおさしん(..
at 2010-07-13 21:40
保護時の健康問題、これにて一..
at 2010-07-10 01:03
抜歯手術と血液検査
at 2010-07-09 00:30

検索

最新のトラックバック

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧